ホーム>素材・サイズについて

素材・サイズについて

素材・サイズについて

ご案内

最近は印材も多様化しており、これまでの象牙や水牛などの天然由来のものだけでなく、彩樺のような天然の素材を加工したもの、アクリル樹脂などの合成樹脂を使ったもの石類、チタンなど数多くの素材が印材として用いられています。
しかし、現在でも伝統的名天然素材である柘・水牛・象牙の人気は圧倒的に高く、当店でも多くのお客様が天然素材の印材を選択されています。
これは、天然素材が持つ質感・色合い・手になじむ感触、高級感、稀少性などが、お客様に無上の充実感や満足感を与えてくれるからだと思います。

象牙

印鑑の材料として最高の材料であるといわれ、すぐれた押印性、耐久性とともに、美しさや手に取った時の感触・重厚感などが、持つ者に満足感を与えてくれます。
そして、現在は自然保護の観点から象牙は入手の難しい印材となっておりこの稀少性も象牙が選択される理由となっています。
又、「家を守る」、「財産を守る」、「健康を守る」といった”お守り”として、象牙が重宝とされております。

オランダ水牛 (牛角・特上)

あめ色のような美しい色合いと抜群の『硬さ』が魅力です。
水牛の角を加工した印材の中でも耐久性や押印性に特に優れています。
オランダの植民地であったタイ産の水牛の角をしようしていたことからオランダ水牛と呼ばれていますが、現在では主にアフリカ産、オーストラリア産の水牛の角が使われています。
オランダ水牛[特上]は中でも茶褐色のラインが美しい、希少価値が高い印材を使用しています。

黒水牛 (漆染め)

アジア産の水牛の角を漆染めして光沢を出しております。
印材としての素材特性、コストパフォーマンス、質感の高さを併せ持つ牙角系の印材の中で、最も昔から好まれている印材です。
耐久性にすぐれ、朱肉の付き具合や押印性も高く、手にしっくりと来る重量感と漆黒の締まりのある姿に映える朱の印面の姿にご満足頂けるかと思います。

楓 (かえで)

環境保全を考慮した計画的な管理の下で伐採された楓(かえで)を樹脂と特殊な技術で固めて作った印材です。
変形やひび割れにとても強く、生涯使って頂けるだけの頑丈さを持っています。
朱肉の付きも良く、木目の美しさ、手触り、質感など、どれをとっても申し分ありません。
虎目模様と光沢が高級感を十分に演出しています。
環境との調和に配慮した素材なので、官公庁・環境関連企業団体に推奨されています。

彩樺 (さいか)

環境保全を考慮し開発された21世紀の新しい合板印材です。
北方寒冷地で算出されるバーチ材(新樺)とフェノールレジン(樹脂)を高圧加熱処理することにより、木のぬくもりを保ちつつ天然木より耐久性に優れ、歪みやひび割れに強い印材となっています。
独特の風合いある木目と暖かい色合いから、特に女性に人気があります。
環境との調和に配慮した素材なので、官公庁・環境関連企業団体に推奨されています。

アカネ (柘)

木製の印材では定番となっているアカネは、他の印材に比べると若干耐久性に劣りますが、その分リーズナブルな価格が魅力の印材です。
取り扱いに注意すれば永くお使い頂ける印材でもあります。
木質は硬く、きめが細かいため細工のしやすさで人気があります。
しかし木ですので朱肉の油分を吸うたびに強度が下がり磨耗し欠けやすくなってしまいます。
使用した後に朱肉をきれいにふき取ることで長持ちする秘訣になります。木のぬくもりを感じられる印材です。

チタン

強度があり、耐食性も強い金属・チタン。
航空機や革、眼鏡(フレーム)、時計などの工業品を始め、アレルギーの比較的起きにくい特性を活かし、人口骨の素材に用いられるなど、注目の金属です。
磨耗も少なく、柔軟で堅牢。メタリックな輝きは、新世代の印鑑として、特に男性に人気があります。

ラクト

ドイツで発明された象牙に似た外観のプラスチックで、脱脂粉乳などから作られます。
常温では高い弾力性を持ち、変形しにくい特性を持ちますが、過熱することで柔らかくなります。
加工がしやすい反面、高温になる場所での保存は、変形の原因となります。
発色が大変鮮やかなため、カラー印鑑の人気も高いです。

貴石印鑑

古来、様々な民族のあいだで「貴石や宝石には特殊な力がある」と考えられていました。
この様な石の数々は「パワーストーン」と呼ばれ、世の東西を問わず尊ばれてきました。
貴石印鑑は磨耗に強いため、押印による印面の「磨り減り」が少ないです。
石自身の重みもあって擦印も容易なため、数多くの押印をするような方にお勧めの印鑑材料です。
また種類や色が豊富なので、風水やラッキーカラー、普段お使いのアクセサリと対の素材で・・・など、様々な目的に応じてお選び頂けます。

印鑑のサイズ

印鑑サイズ

Pagetop